エコール・ド・イタール

エコール・ド・イタール ~社会的課題を解決できる、有能な人材の輩出を目指す、「イタールの学校」~

○エコール・ド・イタールの使命

教育研修事業を通して、福祉人材の確保・育成に取り組みます。職員の一人ひとりが自らの目標を定め、スキルアップによって自己実現を達成できるよう支援に取り組みます。

○エコール・ド・イタールの事業領域

▼東京都指定研修事業「介護職員初任者研修講座」と「知的障害者移動支援従業者養成研修講座」(ガイドヘルパー研修講座)の定期的開催によって、社会福祉法人いたるセンターに勤務する職員のなかから介護・福祉無資格者をなくし、専門知識・専門技術の普及に努めます。

▼マイスター制度を進めることにより、介護・福祉の専門家集団の養成・育成に尽力します。

▼独自の「のれん分け制度・起業家育成塾」の開講によって、職員のなかに経営意識の向上と起業精神の浸透を図るとともに、事業承継をサポートします。

 

事業部名 エコール・ド・イタール
住所 〒167-0032 東京都杉並区天沼1-15-18 GoogleMapはこちら
電話 03-3392-7346
FAX 03-3391-8039

主な研修プログラム

介護職員初任者研修

訪問介護事業に従事しようとする方または在宅・施設を問わず介護の業務に従事しようとする方の基本的な通学研修です 130時間・約3月間)


②知的障害者移動
支援従業者養成研修

知的障害者(児)に対する外出時における移動の介護に関する知識および技術を習得するための通学研修です 19時間

3つの特徴

充実の講師陣

大学教授をはじめ、看護師、理学療法士、社会福祉士、介護福祉士など、経験豊富な講師陣を揃えました。


②当法人への登録・採用に直結

研修修了者の皆様には、「社会福祉法人いたるセンター」が展開する施設への就職や、ヘルパー登録を優先的に行います。


③奨学金制度の活用

「社会福祉法人いたるセンター・奨学金制度」がご利用いただけます。ご希望の方は、ご相談の上、決定いたします。

名称の由来

セガンやモンテッソーリといった知的障害者教育・福祉の創始者たちに引き継がれ、感覚訓練法の基礎をつくったフランスの医師、ジャン・イタール

パリ郊外の森で発見され、絶望的な白痴とされた野生児を引き取り、人間社会で生活できるよう教育を施したことで知られています。そのイタールの偉大な精神を継承し、それを実践・遂行する中心的役割(センター)となることを掲げ、「いたるセンター」と名づけられました

その教育事業としてスタートした「エコール・ドイタール」は、フランス語で「イタールの学校」という意味で、さまざまな社会的課題を解決できる有能な人材の輩出を目指しています。

pagetop